ルーンとは

ルーンとは、古代北欧でゲルマン民族が使っていたルーン文字のことです。

ルーンの歴史

現在発見されている最古のルーン文字は1世紀のもの。
装飾品に使われていたことから、日常的あるいはおまじない的に使われていたことが想像できます。
2世紀の石碑にもルーン文字が刻まれています。
こちらは文字として使われていたことがわかります。

ルーン文字の発生

古代北欧(今の北欧+西欧の北側) 諸説あります。

ルーン文字の広がり

日用の文字として、また神託、魔術などさまざまなことに使用されていました。
こちらも諸説ありますが、北欧で発生したルーン文字をバイキングが使用することによって、海を渡り諸国へ広がった説を推してます。

アルファベットのもとになったとも言われていて、ルーン文字はアルファベットに対応します。

ルーン文字の種類

もともと、ルーン文字は木片にナイフで刻みつけて表記していました。
そのため、木目と重なりやすい横線が避けられ、縦線と斜めの線とを組み合わせた字形になっています。

時代や地域によって、ルーン文字はいくつかの進化を遂げ、いくつかの種類に分かれます。
ゲルマンルーン文字、北欧ルーン文字、アングロサクソンルーン文字、
長枝ルーン、短枝ルーンなど。

ルーン占いでは一般的に24文字のゲルマンルーン文字を使用します。

 


投稿者: tamanoya

玉乃屋のルーン占術師タマちゃんこと美橋玉乃。 ルーン占いをもとにしたスピリチュアルカウンセリングと浄化・プロテクション、エネルギーワークを行う。 わかりやすいメッセージと実用的なアドバイスが特徴。 的中率99%、鑑定者数500名以上。