ルーン占いとは

ルーン占いとは、古代から神託や魔術に使われてきたルーンを使う占いです。
ルーンとは

ルーン占いってどんな占い?

24個のルーン(ゲルマンルーン文字が書かれた石、木、紙など)と、何も書かれていない1個のルーン(ブランクルーン)の合わせて25個のルーンを使用して占うのが一般的です。

ルーン占いの仕方

大きく分けて2つの占い方があります。

スプレッド

袋から1個ずつ出したルーンをフィールドに並べて占う方法
タロット占いのようなイメージです。

 

キャスティング

ルーンや枝を地面に投げて占う方法
ルーン古来のワイルドな占法です。

 

 

 

 

 

ルーン占いの特徴

ルーン占いの特徴は、その多様性と自由度です。

占いの仕方、からもわかるように、占い方はひとつではありません。
決まりごとはほとんどありませんので、占い方は自由です。

また、ルーンに刻まれているのは「ルーン文字」だけですので、
読み解き方も無限に広げることが可能です。

その分、占者によって内容の差が大きいのもルーンの特徴です。

ルーン占いでわかること

ルーン文字は北欧の住民や、バイキングが使用した文字です。
動物、天候など、自然に関する文字が多く存在します。

北欧の厳しい自然を生き抜く知恵や、
長い航路を無事目的地までたどり着くまでの方向性を
導いてきたルーン占いは、現実的な問題に対して、ハッキリした答えをくれるのが最大の特徴です。

ルーンは、あなたが厳しい世の中を生き抜く知恵や
長い人生を無事目的地までたどり着くまでの方向性を授けてくれます。

仕事、結婚、恋愛、お金、健康、人間関係・・・
開運、願望成就、目標達成・・・
すべての答えに導いてくれます。

ルーン占いに向いている質問

<現実的な内容>
・実生活に関する問題
・人生に関する悩み
原因は何か?
どうすればよいか?
このままだとどうなるか?
※具体的な質問に対して、具体的に答えます。

<精神的な内容>
・自分の本心、魂、潜在意識はどう思っているか
・心の持ち方に関するアドバイス
・相手の気持ち

ルーン占いに向いていない質問

<現実離れした質問>
・実生活に重要ではない質問
私の守護天使は誰ですか?
私の前世は誰ですか?

<ルーン以外の占いが向いている>
・何か月後、何年後に何が起きるか
(ルーンには現代のカレンダー感覚がありません。時間は相対性という考え方です。)
・いいことだけ言われていい気分になりたい。
・ポエムみたいなふわっとしたメッセージがほしい。

 

 

現実と向き合う人にとって最高のツールです。

「現実と向き合って、本当の自分を知りたい。」
「将来の目標に向けて、今、どの方向に進むのがよいか確認したい。」
という人にとって、ルーンはこの上ない最高のツールになります。

おそらく、とても現実的で、日本のスピリチュアル的な占いと大きく違うこと、
キツい事実もハッキリ出てしまう部分が、日本でルーン占いが広まらなかった理由のひとつだと思います。

しかし、これからは日本も“本質的”な部分が問われる時代。
本物のわかる人たちには、本質を鋭く見抜くルーンが必要になると感じています。

 

ルーン占いを使うカウンセリング
ルーンカウンセリング

 


投稿者: tamanoya

玉乃屋のルーン占術師タマちゃんこと美橋玉乃。 ルーン占いをもとにしたカウンセリングと浄化・プロテクション、エネルギーワークを行う。 わかりやすいメッセージと実用的なアドバイスが特徴。 的中率99%、鑑定者数500名以上。